キース・アウト

マスメディアはこう語った

学校・教育

中教審の提言「教職調整額10%以上に増額」に財務省の財政審が「それは適当ではない」と反論。すり合わせができていないのか猿芝居なのか――しかしいずれは教員社会に出世競争を持ち込んで、給与を上げずともよく学びよく働く教師集団につくり替えようという点では、文科・財務両省の思惑は一致しているらしい。

(写真:フォトAC) 記事 教職調整額の引き上げは「適当ではない」 財政審が建議(2024.05.23 教育新聞) www.kyobun.co.jp 財務相の諮問機関である財政制度等審議会は5月21日、国の財政運営に関する建議を公表し、中教審の質の高い教師の確保特別部会が求め…

『教職員の「自腹」年100万円』って、この記事のタイトル、もしかしたら「教師ってマジ大変だぜ! 忙しいだけじゃなくて自腹まで切って仕事しなくちゃならねぇんだ。こりゃあ教師なんて、やっぱ、やるべき仕事じゃねえな」って言っていないかい?

(写真:フォトAC) 記事 教職員の「自腹」年100万円の例も 7割超が授業などの費用負担(2024.05.20 朝日新聞) www.asahi.com 公立小中学校の教職員千人余りのうち、2022年度中に教材費などを自己負担する「自腹」の経験があるという人が7割以上を占め、1万円…

「定額働かせ放題」はそのままに、4%の調整額を10%以上に引き上げることで一応のケリはついた。しかし教員の働き方が改善されたわけではない。教職不人気の現状では人を増やすこともできないが、仕事を減らさないことへの文科省の覚悟も、相当なものだと改めて知らされた。

(写真:フォトAC) 記事 教員確保策、中教審案は「0点」 現職教員らに広がる失望と怒り(2024.05.13 毎日新聞) mainichi.jp 中央教育審議会の特別部会後、「教職調整額の引き上げでは問題は解消しない」と訴える現職教員らの記者会見=東京都千代田区の文…

有能で教育に熱心な講師は、来年度当初、学校からいなくなってしまう。超多忙な4月の学校を避けて、5月の教員採用試験に備えるためだ。大丈夫、5月が終われば新規採用教師の誰かが倒れ、講師の口はいくらでも出てくるさ。

(写真:フォトAC) 記事 教員採用試験 実施日の目安「標準日」 来年度は5月に前倒しへ(2024.04.26 NHK) www3.nhk.or.jp 公立学校の教員の採用倍率が過去最低となる中、文部科学省は教員採用試験を実施する日の目安となる「標準日」を、民間企業の面接の開始…

東京都をまねて、文科省は全国の公立小中学校に若手教員を指導する新しいポストをつくるという。指導と言っても実際の教員にはそんな余裕がないから、単に校内が分断するだけだろう。学校にヒエラルヒーを持ち込むことで出世競争を促し、競争を通して教員の質を高めようとする石原都知事の亡霊は、今も都庁をさまよっているのに。

(写真:フォトAC) 記事 公立小中教員に若手指導ポスト新設へ、給与も増額…「主幹教諭」と「教諭」の間に(2024.04.16 読売新聞オンライン) www.yomiuri.co.jp 文部科学省は、公立小中学校に若手教員の指導にあたるポストを新設する方針を固めた。校長ら管…

小学校の「登校班」が廃止か継続かで揺れているらしい。どう転んでもけっこうだが、どちらにしても保護者の希望とマスコミの後押しで動いている話。『かつて好まれた「全員一律」』だの「教員の負担」だの、始めるもやめるも学校の事情みたいな話にするのはやめてくれ。

(写真:フォトAC) 記事 小学校の「登校班」廃止か継続か 保護者を悩ませる、かつて好まれた「全員一律の扱い」(2024.04.13 AELA.) dot.asahi.com 新年度がスタートし、新たに学校や勤務先に通う人が増える季節。1年生の保護者にとっては登校班があると安…

先日開かれた中教審の特別部会で、残業代の代わりに支給する「教職調整額」の引き上げを求める意見が相次いだという。教員の間では教職調整額の廃止と残業手当の導入を望む声も多い。しかし実際には調整額の引き上げの方が、現実的で問題が少ないだろう。

(写真:フォトAC) 記事 教員「残業代」、中教審で増額意見が大半 今春に方向性(2024.04.04 日経新聞) www.nikkei.com教員の確保に向けた議論を進める中央教育審議会(文部科学相の諮問機関)の特別部会が4日開かれ、残業代の代わりに支給する「教職調整…

大学院を2年で終了して就職すると、定年までの期間は普通の大卒より2年間短くなる。失う給与はその最初の2年分ではなく、大卒生が普通にもらう給与の、最後の2年分だ。ボーナスも年金も違ってくる。果たして教職にそれだけの魅力はあるのだろうか?

(写真:フォトAC) 記事 院修了で奨学金返済免除 教員不足対策、来春から(2024.03.19共同通信) nordot.app 教員不足解消策を話し合う中教審部会は19日、教員になった教職大学院修了者を中心に、院在籍中に貸与された奨学金の返済を免除する制度導入を求め…

ほぼ100%がPTAに入った全員加入時代の保護者除くと、今や誰もPTAに入ったことがない(入っていない)とする不思議なアンケート。それを信じて安易に脱会し組織を潰すと、誰も保護者のために戦ってくれなくなる。組合を失った教職員の二の舞は避けたいところだが、来ないかもしれない危険回避よりも、目の前の面倒回避、かな?

(写真:フォトAC) 記事 約4割がPTAで「嫌な体験した」、保護者の本音は? 2000人調査(2024.03.08 Hint-Pot) hint-pot.jp 子どもが小学校入学と同時に加入することが多いPTA。共働き世帯が過半数を占める現代、子どもを取り巻く環境も変わり、PTAのあり…

日教組の組織率が2割を切った。教職員の代表者たちは尾羽打ち枯らし、何のパワーも持たなくなった。おかげで彼らのナマの声は政府に届かず、大切なことは雲の上で決まってしまう。そして教職員たちは「働き方改革」という名の賜物が、天から降ってくるのをひたすら祈り、指を咥えて待っているだけなのだ。

(写真:フォトAC) 記事 日教組加入率2割切る 過去最低更新―文科省(2024.03.01 時事通信) www.jiji.com 日本教職員組合(日教組)に昨年10月時点で加入している公立学校の教職員の割合は、前年比0.9ポイント減の19.2%で、初めて2割を切ったこ…

1年生の児童が遠足中、お茶の購入を要望したのに同行の校長が認めなかった。そのため熱中症で救急搬送されたなどとして、児童と両親が損害賠償を求める訴訟を起こしたという。しかし普通、本人が希望したらお茶を買ってくれなどといって金を渡す親もないだろう。普通は予備の水を持たせる。極めて特殊な事例だ。

(写真:ACフォト) 記事 遠足で小1女児の「お茶買いたい」認めず、熱中症で救急搬送 学校側を提訴(2024.02. 27 産経新聞) www.sankei.com小学校の遠足中に1年生だった女児(8)が茶の購入を要望したのに教諭が認めなかったため熱中症で救急搬送された…

英語やコンピュータやその他もろもろの新しい学習によって、学校から子どもたちが駆け回り、しっかり働く時間が失われていく。おかげで子どもたちはすっかり老人化してロコモティブシンドロームに苦しむようになっているという。だが、だったら昔のように走り回らせ、働かせればいいじゃないか。

(写真:ACフォト) 記事 「前屈」「雑巾がけ」できない…子どもの運動機能に異変「子どもロコモ」とは? 原因は「姿勢の悪さ」や「運動不足」に(2024.02.20 BSS山陰放送) newsdig.tbs.co.jp 「ロコモ」という言葉を聞いたことがあるでしょうか? 年齢ととも…

中学校技術科の教員を、2028年度までに全員、正規免許所有者にするという。コンピュータプログラミングが最優先らしい。しかしそもそも10教科(技術科と家庭科を分けて考える)に配当される教員が9人以下の学校が、全国に4分の1近くもあるのだ。技術科を正規で押さえると、美術・音楽が非正規になるが・・・兼務で教えられるのか?

(写真:フォトAC) 記事 「技術」の中学校教員、23%に正規免許なし…2028年度までの解消目指す(2024/02/13 読売新聞オンライン) www.yomiuri.co.jp 全国の公立中学校で、2022年度に技術・家庭科の技術分野を教えた教員の23%にあたる2245…

文部科学省は小中学校の授業時間を5分ずつ減らし、短縮分を各校が自由に使えるようにするという。授業がまた圧迫される。理科や体育では準備の時間もままならない。しかもそうやって生み出した時間は、働き方改革が進まないことへの言い訳に使われるのかもしれないのだ。

(写真:フォトAC) 記事 小中学校の授業を5分短縮、年間で計85時間を弾力的に運用へ…各学校の裁量で自由に(2024.02.10読売新聞オンライン) www.yomiuri.co.jp 文部科学省は小中学校の授業時間を見直し、学校の裁量を拡大する方向で検討を始める。授業…

欧米先進国で長期的な学力低下が続いている。金はあるのに使い方が悪いからだ。コロナ禍も関係ない。先進国はもっと教師に金を使い、優秀な人材を集めるべきだ――という単純な話をするために、とんでもなく回り道をすることがある。

(写真:フォトAC) 記事 コロナ禍の影響も大きく…コロナ禍で子供の学力が「下がった国」と「上がった国」は何が違ったのか(2024.01.21 ク-リエ・ジャポン) courrier.jp世界を襲った新型コロナウイルスのパンデミックは、子供たちの教育に多大なダメージ…

【学力の国際比較】悪い時には完膚なきまでに叩くのに、良い時はほとんど触れない、信勝なき必罰

(写真:フォトAC) 記事 【PISA2022】日本は3分野すべてで世界トップレベルに、読解力で過去最高水準(2023.12.05 リセマム) resemom.jp 経済協力開発機構(OECD)は2023年12月5日、国際的な学習到達度調査「PISA2022」を発表した。コロナ禍を経て4年ぶりと…

精神疾患で休職の教員過去最多 初の6000人超 ――悪いのは教員たちだと文科省は言った。

(写真:フォトAC) 記事 精神疾患で休職の教員過去最多 初の6000人超 20代が高い増加率(2023.12.22 NHK) www3.nhk.or.jp うつ病などの精神疾患で昨年度休職した公立学校の教員は1割余り増えて6539人と、初めて6000人を上回り過去最多となりました。20代の増…

絶対に怒るはずがないと思って挑発したハゲ教師に怒鳴られ、恥をかき、傷ついた中学生が、復讐を果たし、復活するまでの物語

(写真:フォトAC) 記事 育毛剤チラシめぐり生徒に「ふざけるな」 教諭が一方的に25分叱責(2023.12.01 朝日新聞デジタル) www.asahi.com 福岡市立中学校で10月、30代の男性英語教諭が、自身の頭髪をめぐり、授業を担当する男子生徒の首をつかんで廊下に連…

「いまだに福井県では学校のトイレ掃除を子どもがやっているらしいよ。全国的には外部委託にしているところもあるのにね」――と、文章としては間違っていないが正しくはない記事を目にして、人々はどんなことを考えるのだろう?

(写真:フォトAC) 記事 小学校で児童がトイレ掃除…福井県外で育った女性「驚いた」 県内大半の公立小中で児童生徒が担当、全国的には外部委託も(2023.11.21 Yahooニュース) (見出しは違うが元記事)児童が学校のトイレ掃除「驚き」…県外読者の指摘で調…

不登校のきっかけが「先生」だと言われれば教員も傷つくが、原因は「本人の無気力・不安」だと言われれば親も黙っていない。実は両者矛盾しない。だから「原因追及よりもこれからの子どものことを考えて行こう」という30年前の合意を、改めて見直そう。

(写真:フォトAC) 記事 不登校のきっかけ、最多は「先生」 文科省調査と違う結果に 滋賀(2023.11.15 毎日新聞 ) mainichi.jp 不登校の当事者と家族の実態と思いをまとめたアンケートの調査報告書を、滋賀県フリースクール等連絡協議会(柴田雅美会長)が…

大学の先生たちは呆れるほどマスコミ情報に毒されていることがあるよ。だからマイクを向けると、メディアの狙った通りの答えを出してきたりする。それをメディアが、お墨付きを得たとばかりに再び広げる情報のハウリング――。

(写真:フォトAC) 記事 「教員は社会との交わりが薄い」「いかに学校の外へ出ていく環境を作っていくか」相次ぐ不祥事、教員の人手不足や長時間労働で専門家が提言 教職員の資質向上や育成をテーマに議論 (2023.11.13 SBC信越放送) newsdig.tbs.co.jp 教…

「ウチの子の給食は普通の子の1割程度でいい」と親が言っているのに、普通の子の6割程度の食事を食べさせようとした教師が、裁判で違法性を指摘された。しかし先生たち、負けるな。これは例外だ。栄養価の良く計算された学校給食を、90%もカットしていいはずがないじゃないか。

(写真:フォトAC) 記事 強要…小食の女児に無理やり、給食を完食させようと迫る 母親から「食べられる量が他の児童の1割」と言われていた担任教諭、6割まで盛り増し さいたま市に賠償命令「許されない、違法と言わざるを得ない」(2023.10.26 さいたま日報…

相次ぐ保育園バスや自家用車での子どもの置き忘れ事故に鑑み、埼玉県議会では大人の付き添わない登下校・公園遊び・お使い・留守番などを禁止する条例をつくろうとしている。子どもだけの留守番も虐待だという認識を深めるのだというが、総合的な学習の時間も小学校英語もプログラミング学習も、あるいは教員評価や全国学テも、こんなふうに始められたのかもしれないね。

(写真:フォトAC) 記事 子どもだけの留守番・外出禁止 埼玉・自民党県議団が条例案 順守困難の声も(2023.10.05 東京新聞Tokyo web) www.tokyo-np.co.jp 自民党県議団は4日、開会中の埼玉県議会9月定例会に、子どもだけでの留守番や外出を「置き去り」とし…

世界大学ランキング、日本の順位が上がると大きなニュースにならないのはいつものことだが、そろそろ仕組みが分かってきて、面白味もなくなったのかもしれない。「国家の威信をかけて学力を上げ、美人コンテストに勝ち抜こう!」! などと言われてもねェ。

(画像:パブリックドメインQよりターナー「ケンブリッジ大学」) 記事 世界大学ランキング、東京大学29位に上昇 英機関調査(2023.09.27 日本経済新聞) www.nikkei.com 【ロンドン=共同】英教育データ機関、タイムズ・ハイヤー・エデュケーション(THE)は…

子どものしつけという重要問題を、保護者にすべて任せていいものだろうか。彼らはあまりにも素人で、ときにまったく欠格であるというのに。教育のプロとして、教員はしつけについても責任がある。問題はその責任を果たせないほどに、教師たちが疲れ切っていることだ。

(写真:フォトAC) 記事 「子どもがYouTubeばかり観てるんです」 夏休み中に指導するのは先生の仕事? 保護者の相談が議論に(2023.08.10 Hint-Pot編集部) hint-pot.jp 子どもたちが夏休みの真っ只中でも、先生は学校でさまざまなお仕事をしています。そん…

東京都千代田区立麹町中学校で、10年近く前から進められてきた大規模な教育改革(宿題も定期試験も学級担任制もない学校、制服も運動着も自由な学校)は、いま重大な岐路を迎え、大部分が旧に復されようとしている。壮大な実験は終わった。改革を主導した校長は有名になったとして、その間の生徒たちはどう育ったのか。

(写真:フォトAC) 記事 「定期試験なし」の千代田区・麹町中、改革転換を検討 保護者に波紋(2023.08.03 朝日新聞デジタル) www.asahi.com 宿題や定期試験の廃止など大胆な改革で全国的に知られる東京都千代田区立?町中学校が、指導方針を転換し、改革の…

授業時数を大幅に増やしているのは学校自身、だから減らせと中教審の特別部会は言う。冗談じゃない。標準授業時数というもの自体がまやかしなのだ。授業内容は最初から収まるはずがない。それを承知でさらに余計な学習を増やしてきた政府は、余計なものを残すためにより本質的で重要なものを減らそうとしている。

(写真:フォトAC) 記事 標準授業時数上回る編成「見直すべきだ」 中教審特別部会 (202.07.24 教育新聞) www.kyobun.co.jp 教員の働き方改革や処遇改善を集中的に審議している中教審の「質の高い教師の確保」特別部会は7月24日、第2回会合を開き、文科省…

そろそろブームも終わるから、ツーブロックも色つき下着も許可してもかまわないが、「ブラック校則反対」でメシを食っている人たちは、もうしばらくこのままでいてほしいのだろうな、という話。 

(イラスト:パブリックドメインQ) 記事 教員も説明できない「ツーブロック禁止」の理由…ナゾの“ブラック校則”はなぜ生まれてしまったのか『学校がウソくさい 新時代の教育改造ルール』より #1 藤原 和博(2023.07.13文春オンライン) bunshun.jp 小学校・…

もはや“破天荒”は笑い事では済まされない。やろうとしたことの軽さと結果の重さがあまりにも不釣り合いで危険だからだ。若者よ、キミの親や祖父母がかつてやったかもしれない「おふざけ」が、今やどれだけ高くつくか、まず計算してからことに及ぼう。

(写真:フォトAC) 記事 スシロー迷惑動画、しょうゆ差しなめた少年を提訴…6700万円損賠請求(2023.06.08 読売ON LINE) www.yomiuri.co.jp 回転ずしチェーン「スシロー」の店舗で客の少年がしょうゆ差しをなめる動画が拡散した問題で、スシローの運営…

行政に虚偽申請までして地域の部活のレベルを向上させようとし、バレて処分された教師がいる。もちろん嘘はまずい。しかし違法行為にまで手を出しかねない熱意を持った教師と、その支持者を無視しては部活の地域移行も何もないはずだ。

(写真:フォトAC) 記事 中学教諭、公式戦と偽って三田市営テニスコートを無料利用 料金計32万円の支払い免れる 停職3カ月の処分(2023.05.30 神戸新聞NEXT) www.kobe-np.co.jp 公共施設の利用で虚偽の申請を繰り返し、利用料金計32万4800円の支払いを…